診断・検診

妊婦健診

妊婦健診とは

妊婦

妊婦健診とは、妊娠の状態や母子の健康状態、安全に出産が出来るかなどをチェックするために定期的に行う健診になります。

 

妊娠中は普段よりも更に、健康に気を遣わなければなりません。

母子ともに安全な出産を行うために、定期的な健診を心掛け、医師や助産師などのアドバイスを受けながら、自分とお腹の赤ちゃんを守っていきましょう。

妊婦健診の回数

妊婦健診の回数はお腹の赤ちゃんや、妊婦さんの状態によって多少前後しますが、合計で14回ほどになります。

妊娠初期から妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から妊娠35週までは2週間に1回、妊娠36週から出産までは週に1回の受診をオススメしております。

妊婦健診の内容も妊娠の状態や時期によって変わりますので、自分のカラダの状態について常日頃から医師などに相談する様にしましょう。

妊婦健診の項目

妊婦と子供

【毎回行う項目】

  • 問診・診察(健康状態の把握)
  • 検査計測(子宮底長、腹囲、血圧、浮腫、尿検査、体重)
  • 説明・保健指導

【必要に応じて行う項目】

  • 血液検査
  • 子宮頸がん検診
  • 超音波検査・エコー検査
  • GBSチェック(B群溶血性レンサ球菌の有無)
  • 性器クラミジア検査
  • NST(ノンストレステスト、胎児心拍数モニタリング)
  • 骨盤X線検査 など

診療時間

10:00~12:15
16:00~18:30

☆:土曜日の診療は12時まで
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝祭日
※受付は診療開始30分前から行います。